マカロニアンモナイト
webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
『本気のリバーサル特集』-前編-


文・写真/中山慶太

前編目次 1 2 3 4 5 2000年2月掲載


§お手軽じゃないところが魅力§

 実のところこの記事は、『リバーサルってこんなにカンタン』みたいなことを書くことになっていた。もちろんこのお題目に嘘はない。アマチュア用はもちろん、プロ用リバーサルフィルムだって誰にでも買えるし、普通のフィルム交換式カメラならたいていは使えて、撮影に特別な制約があるわけでもない。

 ただし、リバーサルを使えば誰でも簡単にプロ並みの写真(←死語)が撮れるかといえば、そんなことは絶対にないと断言できる。露出をカメラまかせで撮るかぎり、極端な失敗はないかわりに創意を込めることも難しいからだ。カメラの自動露出に頼るならネガカラーを使った方がよほどストレスなく撮れるし、微妙な明暗や色再現にこだわりたいならプリント時の指定で調整がきく。

 と、話はどうしてもネガカラーとの比較になってしまうけど、これは単純に優劣をつけられる問題ではない。ネガフィルムは多少の露出ミスにも寛容で、たいがいはプリントでカバーできるから、気軽に撮りたい時や一瞬のシャッターチャンスに即応するような状況に向いている。その反面、「失敗を見過ごしてしまう」ことが多いのだ。え? 結果が同じならそれでオッケーだって? まあ、確かにそれも正論ですな。

 そのいっぽうで、リバーサルでしか得られない世界というものも確実に存在する。それはクリアで抜けの良い発色、高いコントラスト、そして立体感や奥行き感の再現である。こうした美質は初めて使った人でも確実に実感できるはずだし、さらに意図したとおりの露出で仕上がったときの満足感は格別だ。ネガで気軽に写真を撮るのもいいけど、たまにはリバーサルで微妙な露出に悩んでみるのも楽しいのでは、と思うのである。

*来月の後編では撮影したリバーサルの楽しみ方あれこれ『リバーサル鑑賞術』を紹介します。

拡大表示-->

作例7:
ritoratto d'Alessandra/9911-3

タングステンは白熱電球のフィラメントに用いられる素材で、この光源下で撮影すると通常のデイライト用フィルムでは橙色が強調されて写る。そこで開発されたのがタングステン光源用フィルムで、室内の照明でも人間の目に忠実な発色になる。逆にこのフィルムをデイライトで使うと青っぽい絵が撮れる。これは昔から有名な反則ワザだ。同様の効果はレンズに装着する色変換フィルターでも得られ、そちらの方が何かと便利ではある(色調はいくらでも調整できるし、必要なカットだけで使える)。ここでは露出を意図的にオーバー目に振った。ネガフィルムの場合、背景の白っぽく飛んだ部分もプリントである程度調子を出すことができるが、リバーサルはほとんど一発勝負だ。

6×6 80mmF2.8 1/30sec. F5.6 FUJICHROME 64T2 (RTP2)



拡大表示-->

作例8:
ritoratto d'Alessandra/9911-4

作例1と同じ条件でフィルムを64T2に変えて撮影。このカットは撮影中の外光の変化に気づかず撮影したため、完全に露出アンダー。よくある初歩的なミスである。以前なら切って捨ててしまうところだけど、最近はこういう絵も悪くないような気がしている。露出の適正値には絶対的な基準があるわけではなく、趣味で撮るかぎり判定は個人の主観でいいと思う(自己の表現に過度に固執すると進歩がなくなる恐れがあります)。

6×6 80mmF2.8 1/30sec. F4 FUJICHROME 64T2 (RTP2)

<--Back   付録:リバーサルQ&A-->

月刊特集『本気のリバーサル特集』
Next 特集・後編へ-->


表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部