マカロニアンモナイト
webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
『本気のリバーサル特集』-後編-


文・写真/中山慶太

後編目次 6 7 8 9 10 11 2000年3月掲載


§鑑賞はひとりが基本?§

 リバーサルは大勢での鑑賞に不向きである。というよりも、ネガプリントのように気軽に持ち運んで、皆で回しながら見るということができない。小型のビュワーやライトボックスなら持ち歩けるけど、集団でこういうものを何台も並べていっせいに覗いている光景は、個人的にあまり想像したくない。やはりリバーサルの鑑賞はひとりが基本。暗いとか孤独などと考えてはいけない。フィルム面に凝縮した光を独占できるのだ、と文字通りポジティブに考えるべきである。

 とはいえ、写真には大勢での鑑賞や他人へのプレゼントがつきものだ。こんな時はリバーサルからプリントを起こしてしまえば良い。これは専用のペーパーにプリントする『リバーサルプリント』
(ダイレクトプリント)と呼ばれる方法で、街の写真店やDPEショップならたいてい受けつけてくれる。仕上がりはネガプリントとほぼ同様。

 ただしこの方法にも難点があって、まず街角のミニラボのように1時間仕上げというわけにはいかない。またプリント代もネガよりかさむので、撮影済のフィルムを1本まるごとプリントに出すのは勇気がいるだろう。露出のシビアなリバーサルは、仕上がりを確認せずにいきなりプリントするのは不安だからだ
(資金力のある方が経済回復の原動力になりたいとお考えなら止めません。じゃんじゃんプリントに出してください)

 ところが最近、35mmのリバーサルフィルムをまるごと同時プリントするという荒技が可能になった。富士写真フイルムの『ビュープリント』がそれである。各コマを切り離さず、ロール状にした仕上がりは往年のモノクロプリントでお馴染みの
(現在もあるけど)密着、俗にいう“ベタ焼き”と同様。ただしあちらが35mmフィルムと同寸であったのに対し、ビュープリントの画面サイズは58mm×83mmで、中判の6×9と同等になる。これなら大勢での鑑賞にも向いているし、撮影の流れがひと目でわかるので、誰の目にも新鮮に映るはずだ。まあ失敗も一目瞭然のバレバレになるけど、友人に指摘されたら「写真は挑戦だよ」と居直ることにしよう。

拡大表示-->

リバーサルプリントは手焼きが原則。この方法だと仕上がりに細かな注文がつけられる反面、値は張る(ネガもそうだけど)。もっと手軽にプリントしたいという場合は、安価な『機械焼き』も注文できる。また大勢で撮った記念写真など、同じコマを大量にプリントする場合は『インターネガ』を作成してネガプリントで処理する方法もある。



拡大表示-->

上が『ビュープリント』
24EXで25コマ撮った場合、ロール紙の全長は実に2メートル61センチ(ペーパーの長さ。画面の端から端までは2メートル25センチ)! もちろん36EXではさらに長くなる。写真展などで使うとおもしろそうだ。作例では新製品のトレビを使ってみたけれど、ビュープリントはどんなリバーサルにも対応する(ただし同時プリントのみ)。ところでこの写真のモデルは?

<--Back   Next--> 


表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部