マカロニアンモナイト
webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
『本気のリバーサル特集』-後編-


文・写真/中山慶太

後編目次 6 7 8 9 10 11 2000年3月掲載


§リバーサルは永遠に不滅だ§

 さて、筆者が今回の特集を通じて再認識したのは、リバーサルはいろいろ制約があるけれど、やっぱりそこが面白いということ。さいきんは撮影法も鑑賞法もどんどんお手軽な方に流れていて、それが写真趣味の広がりにつながっていることは間違いない。しかしものごとには合理性や効率を追求していくとどうしても切り捨てられがちな部分があって、実はそれが趣味の本質であることも多い。

 リバーサルフィルムを使って露出で苦労したり、ちっぽけなルーペに大枚をはたいたり、果ては太古のプロジェクターを買い込んだりしても、それが良い写真を撮るための助けになるわけではない。素材や道具に凝る『写真機趣味』と、撮影を純粋に愉しむ『写真趣味』はぜんぜん別のことだからだ。デジカメで撮った画像をパソコンで処理してネット上で配信するこの時代、わざわざ面倒なやり方を選ぶこともないという意見もあろう。

 でも、写真はけっきょく光の記憶なのだ。どんな写真であれ、レンズを通して流れ込んできた光をつかまえて封じ込め、別の時間軸に再現することが写真の原点であり、到達点なのだと思う。ネガフィルムのプリントやデジカメのデジタル映像には、それぞれに長所も美点もあるけれど、光の質の純粋さでリバーサルに勝る記録媒体は今のところ他にないと思う。

 だからリバーサル趣味は面白いのだ

拡大表示-->

作例3:
屏風紙みたいな紙に投影。これではまるで『耳なし法一』である。どう見てもヤリ過ぎだが、面白さはいちばん。



拡大表示-->

作例4:
最後はスタジオのムラバックのような紙。褪色した絵画のようで、けっこう渋い仕上がりになった。今回はこれがいちばんのお気にいり。

<--Back   付録:リバーサルQ&A-->

月刊特集『本気のリバーサル特集』
 -->特集・最初のページへもどる


表紙へ特集目次へ

このページへのリンクについて
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部