『東京ヘリテージ vol. 1』
 
 東京ジャーミィ
  −東京に異国が香り建つ− 前編−

 文・写真/河野朝子


●この企画は試験に出る旅のFAQと連動しています。併せてお楽しみください。

 

 その日も何とはなしにネットをうろついていて、思わず叫んでしまった。てぇへんだ!てぇへんだ!スッゲーもんが東京にできちゃうんですけど!ものすごくちゃんとした現地仕様のモスクの写真とともに東京都渋谷区代々木上原駅近くに間もなく完成、とそこには書いてある(そのページは現在閉鎖中)。これは行くっきゃないっしょ。
 そのモスクは住宅街の中に忽然と姿を現した。大変失礼な例えで申し訳ないのだが、東京のこの辺にこれくらい突飛な建物といったら目黒の西洋古城様式(?)のホテルとか、そういった物以外なかったんじゃないだろうか。でなけりゃUFOが着陸したとか。それくらいの非日常の香りがプンプンと立ちこめているのだ。
 トルコ政府の肝いりで建築されたこのモスクは正式名称『東京ジャーミィ』。半球ドームがポコポコした
オスマントルコ様式のそれはそれは美しい建物である。そばに寄ってみてビックリ。総大理石。私が今までに見た中で一番とてつもなかったモスクはイランのイスファハンの総タイルのモスクだが、周囲がフツーにニッポンなところで目の前に現れたときの衝撃はそれに似たものがあるかもしれない。40メートルを超える立派なミナレット(塔)もニョキっとそびえている。

 

Next--> 

 

 


拡大表示--> 

エキゾチックな眺め

 


拡大表示--> 

井の頭通りからデビ写してみました

 


拡大表示--> 

当然ドーム内でもデビ写



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部