webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
『ammonite pinhole photographs』
アンモ針穴写真館2
(後編)

文/写真:中山慶太柴山みゆき
1 2 3 4 5 6 7 8 9 2001年3月掲載


§撮影距離には要注意§

 前編のロケではあまり感じなかったのだけど、光の種類によって色がころころ変わっていく。特に日陰では全体に青紫がかぶることが多い。逆に直接日があたる部分では、かなり見た目に忠実な色が再現される。

 どうしてこうなるのか、実はよくわからない。前回の針穴特集を書いたときは、上記の青紫カブリは長時間露出による相反則不規の影響だと思っていた。ところが今回は十秒前後の露出でもこの影響が出ているのだ。ということは、これはピンホールに特有の現象だと思って間違いないだろう。

 光学レンズにあって針穴にないもの、それはガラスそのものとガラスの表面に施されたコーティングである。モノゴトを奥の奥まで知らない筆者は、コーティングというのは逆光の影響を防ぐためにかけるものだと早合点していたけれど、実はこういう色再現を補正する意味もあるようだ。空気しか存在しないピンホールが、何枚ものガラスを重ねたレンズよりも再現性が劣るというのは不思議ではあるけれど、光学設計の奥の深さをあらためて思い知らされた気がするのであった。

 でもまあ、レンズとまったくおなじ色調が得られたら、ピンホールはただピントの甘いレンズと同じになってしまうから(実際には違いはたくさんあるのだが)これはこれでいいのだと思う。むしろそういう色の変化を積極的に表現に採り入れることで、意外性のある作品づくりが出来るだろう。

 ピンホールにはまだまだ謎がいっぱいある。不便だし、ひと筋縄で行かないところもたくさんある。だからこそ趣味として奥深く、面白いのではないだろうか。僕らはすでに素晴らしい写真を撮る道具はたくさん持っているのだから。
*前編でお約束した『針穴長時間露出』は都合により延期させていただきます。次回のピンホール特集(またしても2年後の春か?)をご期待ください。


拡大表示-->
<作例10>
作例7とおなじ場所で、モノクロのインスタントフイルムで撮影。前回の特集では感度100(EI=露光指数100、つまりISO100)の『FP100B』を使ったけれど、今回は高感度版である。厳密に比較すると粒子はこちらの方が荒いはずなのだが、大判フイルムの恩恵で粒子の荒れはまったく気にならない。露出タイムは感度100のおよそ1/5、しかも現像時間は15秒(気温25度の場合)と、ピンホールs撮影にはたいへん使いやすいフイルムだ。
自作4×5ボディ+ピンホール、焦点距離75mm(35mm判換算=20mm)、絞りF250、露光時間3秒、フジ・インスタントフイルムFP-500B45 SUPER SPEEDY 4×5。


拡大表示-->
<おまけ5>
最後はみゆりんのポートレート。肩幅が広く見えるのは広角レンズ特有の歪曲で、画面の中央から離れるほど周辺に引っ張られるためだ。本人の名誉のために記すと、腕もこんなに太くありません。
35mm一眼レフ、焦点距離20mm、絞りF11、露光時間1/15秒、Fujichrome Astia (RAP) 135。


拡大表示-->
<作例7>
洋館の見える池のほとり。ここは小石川植物園の奥にある日本庭園で、板東玉三郎さんが吉永小百合さんを主役に短編映画を撮ったところだ。画面の左右で明るさが違うのは意図的に露出時間を変えたため。遮光板
(作例ではクイックロードのカバー)をシャッター代わりに使う針穴壱号では、こういう遊びもできる。下の比較例と比べて池の水面と雲の流れの描写がかなり異なるのは、こちらの方が露出タイムが長いため。
自作4×5ボディ+ピンホール、焦点距離75mm(35mm判換算=20mm)、絞りF250、露光時間10秒(右1/3)/14秒(左2/3)、 Fujichrome Astia (RAP)4×5。


拡大表示-->
<おまけ4>
上の作例とほぼ同じ条件で、35mm判で撮った比較例。石畳で奥行き感を強調した。上の作例も本当はこういう構図を狙ったのだが、光軸が右にずれてしまった。
35mm一眼レフ、焦点距離20mm、絞りF5.6、露光時間1/250秒、Fujichrome Astia (RAP) 135。
<--Back   Next-->


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部