webマガジン「マカロニアンモナイト」月刊特集
『ammonite pinhole photographs』
アンモ針穴写真館2
(後編)

文/写真:中山慶太柴山みゆき
1 2 3 4 5 6 7 8 9 2001年3月掲載




§針穴リバーサル撮影§

 
さあ、今回は針穴リバーサル編である。

 リバーサルフイルム(ポジフイルム、スライド用フイルム)を使うことがアマチュアにとって難しく感じられるとしたら、それは露出のシビアさにあるといえるだろう。なにしろ適正露出から絞り1段分ずれただけで画面の明るさはコロコロ変わる。じっさいにはネガの場合でもフイルム面に記録されている情報は同じように変化しているのだけど、あちらはプラスマイナス2段程度の狂いはプリントで救済できてしまうのだ。

 最新の電子技術を投入したカメラの場合、ほとんどカメラ任せでもリバーサルで適正露出が得られる場合が多いけれど、ピンホールカメラのような原始的な仕掛けではそうはいかない。そこで前編にも書いたように、単体の露出計か一眼レフを使ってきちんと露出を測らなければならない。

 と、こう書くと面倒なことばかりのように思えるけれど、リバーサルには他の方式で得難いメリットがあることも確かである。それは発色の鮮やかさで、この美質はピンホール写真でも変わらない。というか、ネガプリントとはまた違った独特の透明感ある仕上がりが得られる。

 ……というような理屈をロケに同行した柴山みゆきに説明していたら、「そんなムツカシイ話ばかりしていると、読者が逃げますよ」と注意された。ごもっとも。ではリバーサルだとどうなるのか、理屈抜きで作例をご覧ください。今回のピンホールはリバーサル(カラー)を主体に、モノクロネガ、インスタントフイルムで撮影。比較用におなじ銘柄の35mmリバーサルフイルムでも撮影したので、それぞれの特徴がわかると思います。


拡大表示-->
<おまけ1>
4×5の仕上がりはこのサイズ。インスタントフイルムで露出を確認する場合、ネガ部とポジ部を引きはがしたあとも数分おいてシャドー部が落ち着くまで待とう。これは作例1とおなじ銘柄のリバーサルで撮影。肌色や背景の色調はこちらが適正。
35mm一眼レフ、焦点距離40mm、絞りF4、露光時間1/250秒、Fujichrome Astia (RAP) 135。

拡大表示-->
<作例1>
温室にて(1)。今回のロケは、文京区の『小石川植物園』で。ここは江戸時代に徳川家光が創設した薬草園を母体とし、その後徳川吉宗が施療院である『小石川養生所』を設けたことで知られる(現在は東京大学の付属施設)。ピンホール+リバーサルの組み合わせでは、肌色は比較的ニュートラル。日陰とシャドー部分はご覧のように紫が強調される。
自作4×5ボディ+ピンホール、焦点距離75mm(35mm判換算=20mm)、絞りF250、露光時間8秒、Fujichrome Astia (RAP)4×5。


拡大表示-->
<作例2>
温室にて(2)。こちらはインスタントフイルムで撮影。太陽がちょっと雲に入ったために厳密な比較ができないけれど、全体に青みがかっている。このフイルムはプロがスタジオで多用するだけに、色再現は被写体に忠実なはず。ということは、これはピンホールならではの特性のようだ。画面右上の色ムラは現像時間を見るために早めにネガ部をはがしたため。インスタントフイルムの現像は辛抱強く待ちましょう。
自作4×5ボディ+ピンホール、焦点距離75mm(35mm判換算=20mm)、絞りF250、露光時間8秒、 フジ・インスタントフイルムFP-100C45 4×5。

<--Back  Next -->


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部