『アンモ的日本酒の嗜み』−後編−

 文・写真/しばやまみゆき



1 2 3 4 5 6 7

§温度で風味も自由自在§

 日本酒は美味しい! あちこちあれこれ飲んでみての実感だ。いろいろな日本酒を飲み比べるのも楽しいけれど、さらに飲みこなしにこだわりたい。

 まずは温度の話。
 ワインの場合、酸味のある白ワインはやや冷やして、コクのある赤ワインなら室温でというのが基本。これは温度が低ければ酸味や渋みを、高ければ甘みを感じやすくなるからだ。だから白ワインといっても、酸味を楽しむような爽やかなタイプならより冷やして、木樽でじっくり熟成させたようなタイプなら少し高めの温度で飲む方が、その味わいをより楽しめる。赤ワインでも渋みの少ないタイプなら冷やした方が味が引き締まって感じるし、酸味も渋みもしっかりした重いタイプならやや高めの温度の方が味わいのバランスを堪能できる。
 一般的には、白ワインでは8〜18度くらい、赤ワインでは8〜20度くらいの間が適温範囲とされている。グラスに注いだワインの温度が上がるにつれ、変化していく風味もワインの大きな楽しみだろう。

 さて、日本酒の場合はどうなのか?
 「温度が低ければ酸味や渋みを感じやすく、香りは捉えにくくなる、逆に高ければ甘みも香りも感じやすくなる。」
 いわばこれが温度と味覚の超基本法則。
 だから日本酒もワインと同じように考えればいいはずだ。ただここで注目すべきは、日本酒は飲む温度の範囲がとても広いということ。凍結酒やみぞれ酒といって凍らせることもあれば、熱燗というのもある。こう考えると日本酒の適温範囲は、0度以下〜55度くらいというところだろうか? これだけ温度差があれば、当然風味の差も大きくなるはずである。極論を言うようだが、1本の日本酒を温度によっていかようにも楽しめるってことにもなるだろう。さて、この温度をどうしたらこなせるのだろうか?

 


<--Back   Next--> 


拡大表示--> 

美味しいお酒を優雅に嗜みたい。
まずは雰囲気作りから....。
心静かに(?)庭の花をいけてみた。


拡大表示--> 

とりあえず味見。
ちょっと暖めたり冷やしたり、ほんのひと手間で風味が変わる。これがこなせるようになれば一升瓶も自由自在?



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部