■月刊特集 §創刊1周年記念スペシャル・エディション§
『ステレオ写真のススメ(前編)』

本文・CG作成/中島一城(富士フイルム) 序説/中山慶太 1997年12月掲載



裸眼立体視トレーニングルーム



●それでは裸眼でステレオ写真を鑑賞するトレーニングを始めます。ここでは比較的簡単な「平行法」をマスターすることを目標にがんばりましょう。右の図のように、近くのモノを見る時には、無意識に視線が交差して(寄り目になって)行きますが、これを意識的に平行に近づけてゆき、左右の目で別々の画像を見られるように練習します。


●立体視の手順を簡単に言うと

 視線を平行にして行く(この時は像がぼけている) → 平行を保ったまま焦点を合わせる

 となります。百聞は一見にしかず、さっそく下の解説で実際にやって見ましょう。






fig.0


(0)左の像がトレーニング用の素材です。立体視し易いように考慮して作ったCGです。
 球体を視線の角度調節と焦点合わせの目標に使用してトレーニングしてみましょう。

 次のコマの絵から順を追って見え方をシミュレーションしています。解説を読みながら、見え方の雰囲気をつかんで下さい。

 まずは、立体視までのプロセスの解説を一読してから、トライしてみましょう。



fig.1




(1)できるだけ遠くを見てください。そして、その視線の角度(平行に近い)を保ったままステレオ画像を見ます。この時左右の目が水平になるようにして、さらに画像を顔の正面に持ってくるようにします。一瞬ピントがぼけますが(fig.1)、すぐにピントがあって(fig.0)しまうと思います。それが正常です。しかし裸眼立体視を行うには、この正常な反応を騙さなければなりません。
 まづ画像をぼんやり見て、目をリラックスさせてゆきます。するとピントが外れて画像がぼやけて来ます(fig.1)。



fig.2





(2)さらに眼球の力を抜いてリラックスさせると、像が二重に見えてきます(fig.2)。ピント合わせを気にしないで、像を二重にすることに集中します。像を二重にする感覚をつかんでください。


fig.3





(3)二重になった像の振れ幅を増やしてゆきます(fig.3)。この時に、球体を目標にしてコントロールするとやり易いです。ここでもピント合わせは気にせずに。


fig.4





(4)四つに見えている像のうち、真ん中の二つを重ねて三つの像(fig.4)にすることに専念します。ピント合わせは気にせずに、眼球はリラックスさせたままです。


fig.5



(5)眼球をリラックスさせて三つの像を保持したまま、真ん中の像に集中します。このとき球体を目標にしてピントを合わせて行きます(fig.5)。突然ピントが合って立体感のある球が空間に浮かび始めます。しかし、少し気を抜くとすぐにもとに戻ってしまいます。リラックスしたままピントを合わせる感覚を会得してください。

それでは下のCG画像で早速試してみましょう。







fig.6





 さあ、立体視できましたか?光沢のある球体が浮かび上がって来たでしょう。球体を鑑賞したら、そのまま金属の円錐も見てみましょう。視線とピントの関係を保ったまま眼球を動かすように注意しながら鑑賞を続けましょう。

 真ん中の像にピントを結ぶことができたのに、何か立体感が変と言う人もいると思います。球体がへこんで見えるあなた、そうです「平行法」で見るところを「交差法」で見てしまっています。その場合は下のCG画像を見てください。






fig.7




 さあ、上の画像(fig.7)は立体に見えましたか。「平行法」の画像(fig.6)で球がへこんで見えたあなたもこれなら見えましたか。この画像は右目で左の画像を見て、左目で右の画像を見るように作ってあります。このような「交差法」で見ることができれば、眼球間の距離以上に離れた画像も裸眼立体視することができます。

普通は、寄り目はできても、左右に視線を開くことはできませんから大きな画像を見る時は、この「交差法」でないと見られません。
 「平行法」と「交差法」を会得できれば完璧ですが、まずはどちらかやり易い方法をマスターして、早速「ステレオ写真ギャラリー」へ行き、裸眼立体視を楽しんでみましょう。

<--Back   Next-->


↑特集TOPへ | →立体視のメカニズム | →ステレオ写真ギャラリー | →ステレオ撮影教室


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部