■月刊特集 §創刊1周年記念スペシャル・エディション§
『ステレオ写真のススメ(前編)』

本文・CG作成/中島一城(富士フイルム) 序説/中山慶太 1997年12月掲載



ステレオ撮影教室






fig.1







フィルム面を平行に移動

fig.2


 それでは、さっそくステレオ写真を撮影しましょう。用意するモノはカメラ一台だけです。このカメラも特別なモノである必要はありません。普段使っているコンパクトカメラ(もしくはデジカメ)で充分です。次の方法で簡単に撮影できます。


  • まづ一枚目の写真を撮ります
  • 5、6センチ横に移動して(fig.1)二枚目の撮影を行います。静物や近景などは眼球の距離と同じ5、6センチ移動させ、風景など遠景をふくむ被写体の場合は一歩移動する感じです。あまり移動距離に神経質になる必要はありませんが、フイルム面が同一平面上を移動(fig.2)するように注意してください。手持ち撮影の精度で充分です。
  • プリントが上がって来たら、二枚を並べて鑑賞します。どうです簡単でしょ。


 CGでステレオ写真を制作する場合も、カメラで撮影するのと基本は一緒です。光源とオブジェクトの関係を保ったまま視点だけ平行移動させて、2回レンダリングさせれば良いのです。

 特別な用具も使わず楽しめるステレオ写真の世界いかがでしたか?皆さんもぜひ挑戦してみてください。
面白いですよ(^^)/




<--Back   Next後編へ--> 


↑特集TOPへ | →立体視のメカニズム | →トレーニング・ルーム | →ステレオ写真ギャラリー


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部