夏だ!花火だ!
  −花火の写真を撮る−

 「ゲイジュツ編」

 文/河野朝子 写真/中山慶太 1998年7月掲載

 さて、ここで中山氏の1眼レフカメラのご登場である。いかにも頑丈そうな三脚の上に据えられて、威風堂々。

 フイルムは「お手軽、浴衣のキミ編」と同じく感度400のネガ

 カメラからは金属のヒモ(レリーズ、って言うんだって)が生えている。これを使えば直接ボディに触れることなくシャッターが切れるので長時間露光でもぶれる心配がない。

 シャッタースピードは「B」。え、なんですって?「バブル?」「バ・ル・ブ!泡でどうする」中山さん、セッティングに余念がない。このモードにすると押している間はシャッターがずっと開きっぱなしになる。

 絞りはF5.6〜8。開けっ放しにしておく必要はない。レンズは20〜35mm。これは好みの問題。
 さて、これでゲイジュツ写真の撮影開始だ。

 


<--Back to previous  Next-->


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部