『パノラマ散歩写真』
       −前

 文・写真/中山慶太


§パノラマでなにを撮ろう§

 担当者に無理を言って、首尾よく『TX-1』デモ機の借り出しに成功。宅急便で届いた機体は全金属製のずっしりとした感触、好き者にはこたえられない。機械フェチの余録というか、ハッキリ言って役得である。と、ヘラヘラ笑ってなで回すこと数日、見出しに戻ってハタと悩む。

 べつになにをどう撮っても構わないのだけど、ファインダーを切り替えると現れる横長のブライトフレーム(『TX-1』は通常の35mmサイズとパノラマをワンタッチで切り替え、1本のフィルムで両方のサイズを撮り分けることができる)を眺めていると、何か特別なものを撮らねば、という強迫観念にかられる。一般にパノラマ写真機は山岳写真などの風景愛好家御用達、というイメージがあるが、いかな仕事のためとはいえ、この歳で冬山に出かけるのは死ねというようなもの。根性のない筆者は、考えあぐねた末に気軽なスナップに使ってみることにした。中年のパノラマ初体験、題して『パノラマ散歩写真』である。というわけで、今回はいつにも増して前振りが長いが、気軽な写真散歩を楽しんでみよう。 

作例2

  -->拡大表示

中華街のお寺でコスプレ。ところで普段は諸収差満載のアナクロレンズばかり使っている筆者には、最新レンズの切れるような高解像力の描写は新鮮である。ミラーボックスを持たないTX-1は前後対称のレンズ設計が可能(意味がわからなくても問題ありません)で、これも優れた描写性に貢献しているようだ。絞り開放時はもちろん、こんなふうにちょっと絞った時のボケも美しい。

TX-1+EBC-FUJINON 45mmF4 パノラマモード 絞りF5/6 絞り優先オート RDP2

<--Back   Next--> 



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部