---コムタカツジの世界---
 写真展

 『Sweet Confusion』より
           −前編−

文・写真/コムタカツジ


スイートな旅の記憶(1)

僕は、写真を撮るという事に何も難しいテーマも哲学も求めないし、旅の写真を撮っていながら、いろんな地域の特殊性という事にも興味がない。TVに映る所は、東京の街をぶらつくようにどこへでも行ける近所のようなものと思っている。1998年3月、U2のライヴを堪能した2日後のインド再訪から始まった旅。ニューヨーク、キューバ、ネパール、インド、メキシコ等、気になる街や好きな街をコンパクトカメラ片手に散歩した。歌を歌うように、楽器をplayするように、自由な気分で撮っていった。

Sweet Confusion (1)
by Katsuji Komuta

I don't seek to express any complicated philosophy by taking photographs, and have no interest in any special characteristic in culture or regions. I think the places we see on TV are as close to us any streets in Tokyo. My trip once again to India started 2days after the U2 concert in March '92. New York, Nepal, India, Mexco, etc…. I walked through my favarite cities and towns with a compact camera in my hand. I kept shooting photographs freely as I would sing a song or play an instruments.

 


(C)Katsuji Komuta

※拡大表示でご覧ください-->

<--Back        Go to the Next-->

Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部