■月刊特集
『アンモ近接撮影作戦』−前編

文・写真/中山慶太

1999年8月掲載

§マクロレンズが買えないなら§

 接写が多用されるのは花の写真とか昆虫の写真、いわゆるネイチャーフォトというジャンルだ。このジャンルで活躍するのが『接写用レンズ』、通称マクロレンズと呼ばれる代物で、これを使えば被写体とフィルム面(撮影距離とはこの両者の距離である)は十数センチ。被写体が犬の鼻の頭なら、レンズに息がかかって曇りそうな距離までにじり寄ることができる。

 ところがこのレンズ、けっこう高いんである。もちろんピンキリの原則はここにもあてはまるけど、接写の趣味がない人間にはキリの下の出費でも痛い。もちろん正札の桁の数にはそれなりの根拠があって、マクロレンズはズームレンズなみに複雑なレンズ構成を持つものが多い。無限遠から超近接まできちんと性能を出そうとするとあちこちに無理が出てきて、それをひとつずつ潰していくとレンズの構成枚数が増えるらしい。このへん、モグラ叩きみたいなもんですな。

 マクロレンズの愛好家には、これを常用レンズとして使う人もいる。確かに撮影可能な距離レンジは広いから、万能レンズと言えないこともない。ただし普通のレンズとして使うには開放F値が暗い(したがって開放のボケが弱い)、という問題がある。また、マクロレンズはシャープネスを優先した設計が多く、描写はどうしてもカタくなりがちで、個人的には食指が動きにくい。

 ただしこういうマニアックな理由は、普通の写真好きの人には気にならない程度のものである。そこでこの前編では普通の一眼レフユーザーに、マクロレンズを使わずに接写する方法を紹介しよう。これは語るも恥、聴くのも馬鹿馬鹿しいテクニックなのだが、実は単なる遊び以上の効果があるのだった。

拡大表示-->

作例2:
昨年暮れに知人から貰った花束。
放置しておいたら見事なドライフラワーになった。もう少し絞って被写界深度を取りたいところ。







拡大表示-->

これがお手軽接写テクニック(その1)詳しくは次の項を。

<--Back   Next-->

Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部