世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示

 

105.地を揺るがすゴーーーッ音ー
 日比谷野外音楽堂に集まった客の半分以上は、デビッドラダーやジョニーパチェーコなどの大物ゲストのステージを楽しみにしているふう。しかし、客席のあちこちに点在する異様なファッションの若者の姿こそ、これまでラテン音楽とはいっさい無縁のティーンエイジャー、東京パノラママンボボーイズのれっきとしたファンであることは、誰の目にも疑いようがなかった。東京パノラママンボボーイズのファンである女の子は、逆にジョニーパチェーコなんて名前を聞いてもチンプンカンプンだったに違いない。まぁ、そういう混然一体の観客というのが、カリビアンカーニバルの魅力ともいえよう。東京パノラママンボボーイズのゴージャスな編成のホーンセクションが奏でるマンボボンドが鳴り出すと同時にチラホラと散発的に踊り出す若者の姿。いいからこんなのさっさと終わって、海外からのゲストを早く出せ!という顔つきのラテンおやじも、見るところ多数。しかしティトプエンテ作曲のチャチャチックという、ねっとりとしたチャチャチャにのって、フロアダンサーナンバーワン、私が超お気に入りのバービーマコ嬢が下手から登場するなり、会場がゴーッと、まるで地下鉄が駅へ入線してきたような音に包まれたのだった。いったい何が!


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部