「試験に必ず出る旅のFAQ」
           -39-

文・写真/河野朝子   

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示

 見た目に気を配るんなら服装だけじゃない。体型ってのもあるかもしんないが、ラテン系は恰幅のいい頭髪の稀少なオジサンもモテモテなのでそのへんはワリとどうでもいいとする。どちらかというと体つきが貧弱にならないように気を付けた方がいいくらいだ。じゃポイントは何かと言ったらそれは仕草なんだと思う。
 とにかく東+東南アジアの男達はラテン及びその他の国々に比べて落ち着きのない動きをする。日本人てその中でもかなり(カネがないって意味じゃなくて)貧乏くさく見える。イタリア人だってバタバタ手を動かしながら話してうざったい感じを受ける人もいるだろうが、彼らはそこかしこで見かける日本男のように怯えた小動物というか、卑屈な眼差しと動きはしない。贔屓目じゃなくて彼らは何かがおおらかだ。
 日本では特に頭髪の減少を気にする向きもあるようだが、それは「髪の毛が少ないから格好悪い」んじゃなくて、ただ単にそれに対するコンプレックスがひがみを増大させてるから、みっともないんだと思う。彼の地に行けばハンディでもなんでもない。かえって「アッチが強そう!」とモテちゃうくらいだ。
 ここでも書いたが、日本男児にはまず歩き方から気を付けて、堂々としてもらいたい物である。

 ラテン男を目指すなら、おおらかに堂々としよう。

この項つづく……。


         <--Back   ...To be continued.   

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部