「週休六日のススメ」
       -39-

 イラスト・写真・文/福山庸治

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

には、これでもミュージカル原作者という肩書きがある。
 知る人ぞ知る、音楽座ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」のそれだが、この作品は、泣かず飛ばずの愚息(原作)と違って、読売演劇賞の作品賞やら主演女優賞など、けっこうな賞をいただいたりしている、腹違いだが、大変な孝行娘である。舞台を観た人の数も、延べにしたら、原作本を買った人より多いはずだ。あの高価なチケットが、僕の安価な本より、たくさん売れるのである。本を売ってなんぼの原作者とすれば、喜んでいいやら、情けないやらわからなくなるが、とにかく僕は、このモーツァルトについての新しい物語を、ひたすらミュージカルにしたい一心で描き始めたのだから、この結果には十分満足なのである。

 とはいえ、ミュージカル原作者とカッコつけるには、作品が一本だけというのは、いかにも物足りない。出来れば……いや、是非もう一本、傑作と呼ばれる作品が欲しいところだ。「マドモアゼル・モーツァルト」が西洋コスプレ系ミュージカルだったので、次は……いやいや、こればかりは企業秘密である。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部