下野康史のホビー人間養成講座 第21回
『長距離走者の幸福と痛み、について』
              -2-

文/下野康史  写真/中山慶太

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

 

 

近、ランナーズ・ハイということがよく言われるけれど、ランについてはなんの経験もなかった僕の足に言わせると、走るのは自転車より数等ツライ。なにしろ、地面からのショックを直接受ける。サドルに腰かけ、宙でペダルをクルクル回すだけの自転車とは、まったく違う運動だ。

 走り始めてからは、足の痛みや故障との戦いだった。なんていうとカッコいいけど、本当にそうなのだ。フクラハギ、膝、足首、スネ……。常にどっかしら痛くて、それが走れる距離と時間の限界になっていた。


        <--Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部