世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
 日々「アーッ、うっ!」の練習にはげむ
 パラダイス山元

 

119.コーラを置いていたのは誰だ!

 レコーディングも順調にすすむある日、スタジオに入るとエンジニアの顔色が蒼白になって、ピクピクひきつっていたのだった。事情を聞くと、100チャンネル以上もあるミキサーコンソールが不調という。レコーディングスタジオでよく見る、あのおびただしい数のスイッチや、つまみが並んでいる、地球防衛軍の指令室のようなアレのことだ。それが、まったくうんともすんともいわないらしい。当然のことながらレコーディングは中断した。何千万円もする高価な機器であるということは、修理にもお金と時間がかかるというもの。いったいどうしたことか。ここ一週間はずっとマンボボーイズが占拠していたはずのスタジオが、昨日の晩のほんの数時間、某演歌の大物歌手がここを使ったというのだ。リハーサルかなにかで、当然このミキサーには手を触れていなかったというのだ。ところが、飲食禁止のはずのその部屋のゴミ箱の中にはお弁当のカラや、飲み物の空き缶がぎっしり・・・。ようやく修理のサービスマンが訪れて、ミキサーの中を開けて一言。「だれかこの中に、コーラかなんかこぼしたでしょう・・・。」レコーディングは、修理が終わるまで無期延期になってしまったのであった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部