下野康史のホビー人間養成講座 第22回
『僕が心臓にタコメーターをつけた理由』
              -1-

文/下野康史  写真/中山慶太

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

 

イクライドやランニングのとき、僕は心拍計をつけて走る。英語でいえば、ハートレート・モニター。胸に巻いたトランスミッターで心拍を拾い、腕時計型のレシーバーでその数値を表示する“人間エンジンのタコメーター”である。
 数年前に日本製のものを買ったのだが、高回転になると、いきなり100 拍くらい高い値を示したりして、どうも信頼性がいま一歩だった。胸にベルトでつけるトランスミッターの本体が重いのもいやだった。


        <--Back   ... To be continued.

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部