世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元  撮影/T-max

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
 ロンドンのクラブ「キューバ」にて

 

134.キューバ公演

 強力な営業力をもつマンボボーイズは、日本でスカブームを仕掛けたギャズがレギュラーでDJをしているロンドンのクラブ、ゴシップスでただの1回だけ出演の約束を取り付け、急きょロンドンへ旅立ったのだった。。知り合いのDJなどを頼りに、片っ端から営業していったのはS氏であった。さすがは元文化放送スポット営業部勤務!プロモーションビデオとアナログ盤をごっそり携えて、ロンドン中の有名クラブにせっせと走り回っていたのだった。コンガやティンバレスを現地の楽器屋から借りて、楽器といっしょにロンドンタクシーで移動する様はなかなか痛快だった。ハイドパークに近いキューバ料理が名物のレストランバー、その名も「キューバ」の地下のクラブを皮きりに東京パノラママンボボーイズ・ロンドン・クラブサーキット・ツアーがはじまった。すし詰め状態の店内には、ハイドパークの近くということもあって広告代理店系の客も多かった。日本からスーツケースに入れて持ってきたフリフリ袖の衣装(ワラチェーラ)を身にまとい「セレソローサ」で登場するなりやんやの喝采を浴びる。その後の連続マンボ攻撃に客は興奮。抱き合ったり、掴みあったりと様々なスタイルの踊り?で熱狂していたのだった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部