「試験に必ず出る旅のFAQ」
           -69-

文・写真/河野朝子   

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示
 こういう物に興味がある方はこちらもどうぞ4

 イスラムの常套句「インシャアッラー(もし神がお望みならば)」は旅客機のパイロットの挨拶でも「当機は○時○分××に到着予定です、インシャアッラー」てな感じで使われて異教徒には「アッラーが望まなかったらどうなんでぇい!」とちょっと不安だったりするのだが、まぁ、そのくらい日常的な言い回しなのだ。日本人言うところの「おかげさま」とかそんなカンジである。「おかげさまで好天に恵まれまして」と言われて「あたしゃ天気をコントロールできるような超能力者じゃないんですけど」と返す日本人はほとんどいないだろう。
 それぞれの国、文化にはそれぞれの「ガイジンの耳にはとてもいい加減に聞こえる」言葉があって、英語だってI'm very sorry.と首をすくめられて謝ってんのかと思ったら「そりゃ残念ですね」だったりすることもあったりして、それぞれに責任の所在がはっきりしない局面の方が実は結構普通かも、人間なんてそんなもんかねぇ、なのである。

 失礼、話がそれた。

この項つづく……。

 

#建造物としての東京ジャーミィに関してはVisual Studioのコーナーで特集しています。併せてご覧ください。


         <--Back   ...To be continued.   

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部