「試験に必ず出る旅のFAQ」
           -70-

文・写真/河野朝子   

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示
 アザーンは自分の耳に手を当てて行う

 と言うわけで神も望んだし、皆さんのおかげだしで荘厳にして流麗なモスクは東京都渋谷区に姿を現した。なんたって世界主要都市でモスクがないのは東京だけだったのである。落成式にはトルコの偉い人達が挨拶に来たからか、周囲にはとりあえず警官も出ていた。渋谷区の区長さんの祝辞もあった。生アザーン(礼拝開始の知らせ)も披露された。そして、外のテラスまで人があふれ出た中、礼拝が行われた。

 帰りの電車の中で東京ジャーミィのトルコ語の写真パンフレットを見ていたら、フランス人男性が「トルコ語ですね!」と声をかけてきた(日本語で)。その人は中東育ちなのでアザーン詠唱もできて、エジプト考古学にも携わったことがあるそうだ。タイ語も中国語も話していた(フランス人と日本人がタイ語で話してるってのはなんかヘンかも)。東京にそんな立派なジャーミィができたなんて!へぇ、と興味津々の様子で、と言うか、一度モスクという建造物に触れたことがあるのなら、アレはすごいよね、何はともあれ見に行っちゃえ!という感性がない人間の方がなんかヘン、てくらいであろうか。
 大挙して代々木上原まで駆けつけている日本人の多くが、旅のどこかでモスクに出会ったことがあり、その感動を反芻したいのだ。

 

#建造物としての東京ジャーミィに関してはVisual Studioのコーナーで特集しています。併せてご覧ください。


         <--Back   ...To be continued.   

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部