「週休六日のススメ」
       -65-

 イラスト・写真・文/福山庸治

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

ドニーオリンピックが終わる。(あるいは、もう終わってる?)
 週休六日的在宅労働者の特権は、こうしたビッグイヴェントをリアルタイムで、ひっきりなしに見られることであるが、その分、祭りが終わってしまう寂しさもまた、人一倍強く感じることになる。

 さて、そのオリンピック、日本の選手では、断然女子の活躍が目立ち、次々にメダルを獲得していったが、同じ国の男子は、決勝進出や入賞を目指すのがやっとといった案配だった。この情景は、オリンピックに限らない。テニスの世界ランキングなどを見ても明らかだ。かつての伊達公子や現役バリバリの杉山愛など、女子の活躍は華々しいが、日本の男子が、メジャーな大会で試合をするのを見たためしがない。それもそのはず、日本男子の選手は、今現在、世界ランキング100位以内に、一人として入っていないのである。そもそも選手の名前すら浮かばない。

 日本の女子スポーツは、なぜ世界に通用するか?
 日本の男子スポーツは、なぜ世界に通用しないのか?
 それは、この国の女が、男より優れているからである。

 と、いうのは冗談である。
 冗談ではあるが、つい信じてもいいだけの状況が歴然とあるのも事実である。では、本当は、なぜ日本の女子スポーツは世界に通用するのか、そのことについて、特にヒマというわけではないが、僕も考えてみたので、次回に書く。

 

−編集部よりお知らせ−
作者の福山庸治さんは独自のWebサイトを開設しています。アンモだけでは物足りないというあなた、摩訶不思議なヨジラワールドに是非アクセスしてみてください。画像・エッセイも充実。
 http://www.yojira.com/


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部