世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元  撮影/T-max

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
 今年の夏はアイボとトナカイが同行しました
            <成田空港にて>

 

144.ロンドンからようやく帰国しましたー!

 世界で唯一ということが証明されたDJ+パーカッションのパノラマスタイルは、バンド・スタイルでは壁の厚い日本人の海外進出という点でも、確信犯的に考え出された知恵などと日本に帰ってから評された。とにかくあの派手な衣装をまとった東洋人がクラブでマンボのレコードにあわせながら「アーーーーッ、うっ!」だの叫びながらコンガにティンバレスを叩いてのパフォーマンスは、どう考えてもフツーではない。むしろ日本的ラテンの解釈と思われたら、それはそれでイイと勝手に納得したのであった。海外進出を悲願としているタイプでもなかっただけに、なおさら開き直ってプレイ出来たのが、さらに盛りあがった原因でなかったか、などとふりかえってみる私だった。
 それにしても、日本に帰ってきてからのスケジュールといったら、明治大学に早稲田大学、東京造形大学などなど学園祭に出演することが、いつの間にか決まっており、ロンドンでのハードなスケジュールをほうふつとさせるようであったのだった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部