* 週刊フォトエッセイ *

下野康史のホビー人間養成講座 第25回
『アシモはアトムの夢を見るか?』
              -2-

文/下野康史 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示
 写真提供/本田技研工業株式会社

 

 

 

 

れだけに、舞台のソデからアシモが出てきたときには、驚いた。いや、正直言うと、見た途端、図らずも僕は感動してしまった。(涙出そうになった)。
 デザインも、開発コンセプトも、たしかにP3の改良型には違いなかったのだが、思いもよらず、その新型は小さかったのだ。身長120cm、体重43kg。それは、すでに舞台の上で直立不動の姿勢をとっていたP3(160cm/130 kg)の子供に見えた。しかも、お父さんのほうへ歩いていく動きといったら、もはや人間そのものといっていいくらいにナチュラルだった。吉野社長と握手をし、観衆に手を振ったり、お辞儀したり、ダンスステップを踏んだりしたあとに、やおら着ぐるみを脱いで、「ナーンちゃって」と言いながら、人間の子供が出てきてもおかしくないくらいに、アシモは人間そっくりに動いた。


<--Back   ... To be continued.

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部