* 週刊フォトエッセイ *

「週休六日のススメ」
       -82-

 イラスト・写真・文/福山庸治 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

あ、これからがますますフィクションである。
 数年前、今もX校のある郷里に住む、僕の長姉と長距離電話をしている時、耳を疑うような言葉を聞いた。

「ここでは、X校出身ってことは黙っといたほうがよかよ」

 今はどうだか知らないが、X校の授業は、一時、麻雀牌をかき混ぜる音と、たばこの煙に支配されていたという。そして、放課後を告げる鐘の音と共に、校門の前の道路には、茶髪金髪どぎつい化粧に超ミニスカをまとった女子生徒を迎える黒塗りの車が、ずらりと行列を作るのだそうだ。(フィクションである)

 いやあ、面白すぎる。
 まるでヤング○○○○系定番マンガのようではないか。
 いったいどこに、そんな典型的不良モデルの高校があるのかと思いきや、灯台もと暗し、我が母校がそうだったなんて。なるほど、これではうっかり地元でX校出身とは言えないわけだ。冷ややかな軽蔑と同情の入り交じった目をされることは目に見えている。

 しかし、いくらなんでも、あんな平凡な高校が、そこまで面白い学校になるはずがないではないか。きっと僕がマンガ家なので、みんなウソを考えては、僕にネタを提供しているつもりなのであろう。残念ながら、僕はこのジャンルのものは描けないので無駄なのだが、そこに、一人のいかにも育ちの良い、若くてハンサムな貴公子教師が現れるところから、事態はにわかに変わっていく……というところまで、つい考えたりはしている。
 あくまで、フィクションである。

 

−編集部よりお知らせ−
作者の福山庸治さんは独自のWebサイトを開設しています。アンモだけでは物足りないというあなた、摩訶不思議なヨジラワールドに是非アクセスしてみてください。画像・エッセイも充実。
 http://www.yojira.com/

 

 




 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部