* 週刊フォトエッセイ *

「週休六日のススメ」
       -85-

 

 イラスト・写真・文/福山庸治 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

は、いまのアパートへ引っ越してくるまでのおよそ25年間、東京の奥座敷と呼ばれる、まさに辺境の入り口に位置する町に住んでいた。都心へ出るのに、なんだかんだで二時間近くを要する。往復だと4時間だ。そんな田舎であるが、それでも編集者は、はるばる打ち合わせや原稿を受け取るためにやって来た。それが編集者の仕事とはいえ、ありがたいことであった。

 ある日、ヒトコママンガの仕事をするようになった。
 たったヒトコマでも、原稿が遅れるときは遅れる。
 普段は、郵便局から速達で出していたのだが、それだと編集部に到着するのに丸一日を要する。原稿が遅れ、郵便局が店仕舞いした場合は、アウトである。その場合、アルバイトやバイク便を使うところもあるのだが、この編集部は、担当者自らがやってきた。往復4時間を掛けて。
 アルバイトやバイク便と、担当編集者の時間的損失とどちらがコスト的に高くつくのか知らないが、どっちにしても、早朝、真夜中、遠いところを申し訳ないという気分は、常につきまとった。

 そこで、たったヒトコマくらいなら、niftyの電子メールで送れるのではないかと考えた。インターネットという言葉さえ聞いたことのない、ネットワークと言えば、まだパソコン通信が主流だった時代である。

 

−編集部よりお知らせ−
作者の福山庸治さんは独自のWebサイトを開設しています。アンモだけでは物足りないというあなた、摩訶不思議なヨジラワールドに是非アクセスしてみてください。画像・エッセイも充実。
 http://www.yojira.com/

 

 




 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部