* 週刊フォトエッセイ *

「週休六日のススメ」
       -87-

 

 イラスト・写真・文/福山庸治 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

て、漫画家は本当に土地に縛られず、移動しながらでも仕事が出来るのか?
 逆のいい方をすれば、漫画家は、締め切りという足枷に拘束されることなく、出歩くことが可能か?

 そのことを試す、またとない機会がやってきた。
 今日から(3月25日)から約8日間、僕はアメリカ南部を中心とする旅行に出る。この旅行期間中に締め切りを迎える仕事が三つ四つある。これらの仕事をアメリカまで持参し、行く先々で完成させ、無事日本へ送り届けることが出来るであろうか?

 もちろん、アメリカへわざわざ仕事しに行くのではない。目的はあくまで旅行である。理想を言えば、仕事のことなど忘れたい。なので、出発前までに、すべての原稿を完成させるのがベストであろう。だが、その通りにいかなくて、ドタキャンになってしまうことが、漫画家の場合……いや、僕だけかもしれないが、あまりにも多い。多すぎる。締め切りのある仕事を、そのまま旅先まで持参できれば、キャンセルをする機会はうんと減るのだ。

 今回、その三つ四つある仕事の三つまでは、出発前数時間までに片づいてしまった。残りは、とりあえず一つ。この「週休六日のススメ」だけが、旅行期間中に、締め切りを迎える羽目になった。

 

−編集部よりお知らせ−
作者の福山庸治さんは独自のWebサイトを開設しています。アンモだけでは物足りないというあなた、摩訶不思議なヨジラワールドに是非アクセスしてみてください。画像・エッセイも充実。
 http://www.yojira.com/

 

 




 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部