* 週刊フォトエッセイ *

「週休六日のススメ」
       -88-

 

 イラスト・写真・文/福山庸治 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

 

うやら、僕の勘違いだったようだ。
 旅行期間中に締め切りを迎えると思っていたこの連載は、もう一週だけ余裕があったようで、旅行先で書くはずだった原稿を、帰宅後のいま、自宅で書いている。なので、モバイルの話題はひとまず置き、今回の旅行をネタに書こうと思う。

 順番は逆になるが、ニューヨークから東京へ帰る段で、搭乗口を間違え、無人のボーイング777型機に乗ってしまった。たまたま搭乗ゲートと搭乗ウィングの番号が同じだったために起こしたミスだが、内心「この飛行機は絶対違うな」との確信を持ちながらのそれでもあった。どう考えても、出発間近の飛行機が無人であるわけがないし、エンジンもかかっていなければ、室内灯も一切消えたままである。ギャレーも空っぽだし、そもそも、搭乗員がハッチ付近で、乗客を出迎えないということがあろうか?

 しばらく機内には、僕とつれあいの二人だけがいた。
 喋る声にはエコーがかかり、大きく響く。まるでゴーストタウンのようである。自分たちが間違った状況に立ち入っているらしい不安はもちろんあるが、同時に僕は、777型機の室内を独占しているという、滅多にない状況を楽しんでもいた。

 

−編集部よりお知らせ−
作者の福山庸治さんは独自のWebサイトを開設しています。アンモだけでは物足りないというあなた、摩訶不思議なヨジラワールドに是非アクセスしてみてください。画像・エッセイも充実。
 http://www.yojira.com/

 

 




 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部