* 週刊フォトエッセイ *

世界マンボ紀行

文/パラダイス山元 --->Back Number


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


 --->拡大表示
 浅草マルベル堂で売られているパラダイス山元のブロマイド

写真提供:パラダイス山元

 


169. 春のテイチク祭り

 怒濤の興奮で盛りあがったフルバンドの東京パノラママンボボーイズ渋谷公会堂公演からわずか3日後に、今度は渋谷クアトロでDJ+パーカッションの東京パノラママンボボーイズ公演強行だー。こんなに日が接近してて、前売り料金も同じでお客なんか来るかいな?と思っていたものの、うれしいことに前売りは完売。こうなったら徹底的に、イカせてやろうじゃないのと気を吐くマンボボーイズなのであった。ノベルティグッズもなんだか凝りに凝っちゃって、架空のグランドキャバレー世界の社交場「パノラマ」のマッチなんかつくってしまったのだった。箱の中のマッチは、アタマは白で黒軸というデラックスキャバレー仕様。しかもこの箱の中にはさらに、原稿用紙一枚分のマンボボーイズ情報を縮小して、水に溶ける紙に印刷した暗号票のようなものが入っているというスパイ仕様。こんなことまでするの?という発想がマンボそのものなのであった。

 公演は、マンボはもちろんのこと、ハワイアン、ソカ、ブーガルゥー、ラテンソウルと破茶目茶のやりたい放題。もう呑めや踊れやの大騒ぎ。あーいつもの同じことなのでありました。





<---Back   ... To be continued.

Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部