* 週刊フォトエッセイ*

「試験に必ず出る旅のFAQ」-83-

文・写真/河野朝子 --->Back Number

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示
 ありきたりの「そのへん」がすでにオシャレなベトナム

 


 ※この「試験に必ず出る旅のFAQ」はシリーズになっています。前回分(-82-)は、こちらをご覧下さい。

Q25
 ビーズのバッグ、いいなぁ!うらやましいですぅ。でも、ベトナム遠いですぅ!

A25
 ふっふっふ。
 それにしても人の欲望という物に限りはない。日本に帰ってきてからもアジア雑貨の通販サイトを練り歩き『光り物』を漁っている私である。
 ベトナム雑貨は元が安いので日本に輸入された物を買っても結構安いのが魅力だ。サテン地に刺繍のバッグとか、スパンコールのミュールとか、豪華なものでも3000円程度だからほとんど気兼ねなくバシバシ買ってしまう。「イヤー、インターネットって便利だねぇ」である。探せば本気で可愛い物がいっぱいあるので『安物買いの銭失い』にもならないし(多分)。
 また、ベトナムだけじゃなくても、インドやタイなどのエスニック物を組み合わせるとパーティーに行くようなスタイルが全身で1万5千円未満、なんてことも可能でしかも全身ブランド固めよりもしかするとオシャレだったりして、財布の寒い人間には嬉しいのだ。
 ただ、やっぱり現地に行った方が、お買い物だけじゃなくいろいろ楽しいことには間違いないのだが。


<--Back   Next-->

Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部