* 週刊フォトエッセイ*

「週休六日のススメ」

 イラスト・写真・文/福山庸治--->Back Number


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


 


107 癒されたい人々

 の中が大変である。旅行ばかりもしていられない。

 既に旧聞に属しているかもしれないが、「白い犬とワルツを」という文庫本がバカ売れしているそうである。この項が掲載される頃には、もっとすごい数字になっているかもしれない。
 ある書店の店長さんが作ったベストセラーということで、盛んにTVなどのマスコミで取り上げられてきたから、その売れるに至ったいきさつについては、僕がここで説明するまでもないだろう。僕自身は未読である。

 で、そのTV放送で解説されていたことだが、世の中が極めて不安定な時期、たとえばオイルショックとかバブル崩壊とか、経済的なダメージが大きい時などには、必ずといってほど、こうした「癒し系」といっていい本が大ベストセラーになったりするのだそうだ。たとえば、「カモメのジョナサン」とか「窓際のトットちゃん」とか。

「癒し」が、現代を読み解くキーワードになって久しい。
 みんな、先行きが不安で仕方がないのであろう。
 世の中は、癒されたい人たちで溢れかえっているのだ。
 そんな時代に、相変わらず、不安をテーマに神経を逆撫でするような作品を描き続けるマンガ家がここにいる。大ベストセラーになるわけがない。





Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部