写真
--->拡大表示
サイレントチェロ SVC-100(左)とSVC-200(右)



* 週刊フォトエッセイ*

下野康史の出物・ハレMONO 第1回

文/下野康史(かばた・やすし)--->Back Number
写真/河野朝子


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

 

 

 

 

『もしもチェロが弾けたなら #1』

 何年か前からか、チェロという楽器が妙に気になっていた。ヨーヨー・マ人気のせい? それもあるかもしれないが、べつにヨーヨー・マを真剣になって聴いたことはいちどもない。
 もともと、僕は低音楽器が好きなのである。ロックでもジャズでも、あるいはMISIAとか椎名林檎のようなポップスでも、気がつくとベースラインに耳を澄ませている。日本にはバカボン鈴木みたいな凄腕のベーシストもいるし。
 自分でも、性格的にはリードギターよりは絶対にベースギターだと思う。一応、フェンダーのジャズベースも持っている。ギターよりもっと弾けないけど。

サイレントチェロのサイト@ヤマハ(株)

※取材協力:ヤマハ株式会社

<--Back   Next-->

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部