写真
--->拡大表示
パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス
撮影:ネバダ丈二


ammoロゴ
* 週刊フォトエッセイ *

世界マンボ紀行

文/パラダイス山元 --->Back Number



191 マンボカー再び

 パラダイス山元と東京ラテンムードデラックスというグループの不思議なところは、まだ一枚もレコードを出してもいないのにじゃかすかと営業の仕事が入ってくることだった。東京パノラママンボボーイズの時も同じように、メジャーデビュー前から人の結婚式のパーティーやら、クラブイベントなどに出演。ご祝儀やギャラの合計が、自動車会社に勤めていた時の毎月のサラリーを上まわることもしばしばであった。しかし、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックスは独自の活動領域で、ほとんど積極的なプロモーションもしていなかったのに「誰それさんから電話番号お聞きしたのですが〜」なんていう、まだ音すら聞いたことがない人からイベント出演とかを頼まれるのであった。マンボボーイズのイベントでは随分とお世話になった、九州・博多のドーム型で有名なグランドキャバレー「ミナミ」の経営者は、メジャーデビューもしていない我々を積極的にプロモートしてくれて、ついには博多・長崎・熊本と九州ツアーを敢行することが決定したのだった。博多の「ミナミ」では2日間に渡っての連続公演。演歌の大物歌手や、地元九州のばってん荒川でさえも成し遂げなかった快挙であった。九州ツアーの話はまた今度にするとして、まずはCD一枚くらい出していないと格好がつかないというか、売るモノがないのに営業まわりしているというのもヘンな話であると思い始めていたのは、九州ツアーの帰り道、飛行機でも新幹線でもなく、狭いワゴン車にメンバー5人と楽器満載で中国自動車道を一路東京へ向かう帰り道であった。長い長いマンボカーでの旅であった。


●プレゼント告知

***「ザ・マン盆栽2」プレゼント***


--->写真拡大

マン盆栽創始者であり家元のパラダイス山元さんから日頃「世界マンボ紀行」を読んでくださっているマンボな読者のみなさんへ嬉しいお知らせです!

マン盆栽の魅力が、た〜っぷり詰まった巷でウワサの「ザ・マン盆栽2 」(パラダイス山元・著/芸文社)を な、なんと、家元の直筆サイン付きで抽選で5名様にプレゼント!!

欲しいっ!という方は-POSTERI-からご応募ください。

「世界マンボ紀行」へのご意見・ご感想も忘れずに! 締切は'02年1月10日。ご応募、お待ちしていま〜す。


 

 


<---Back   Next-->

 

 

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部