写真
--->拡大表示
パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス
1st CD「洋酒天国」
撮影:伊藤慎一
AD:朝倉ユミ


ammoロゴ
* 週刊フォトエッセイ *

世界マンボ紀行

文/パラダイス山元 --->Back Number



194 洋酒天国

 ソニーのSDから分離独立したインディビジュアルレコードという、名目上はインディーズのレコード会社の社長に就任していた小山さんは、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックスのメジャーデビューに向けて毎日秘策をひねり出していた。これまでレパートリーのほとんどが、ベサメムーチョ、キエンセラといったラテンのカバーでは、今の音楽ギョーカイで生き残るどころか、誕生することさえも無理ですと言われた我々は、その頃になってはじめてオリジナルの必要性を痛感するのであった。遅すぎるどころか、やっている音楽自体エライ遅れているのであるから当然といえば当然のこと。そんなこんなでオリジナル楽曲を考えているある日、そういえば大人の社交場といえば酒!酒といえば洋酒!そうだ九州ツアーの帰り道にソリマチくんが洋酒の銘柄を書き出して「キミに本気でアイダブリュー、可愛い瞳にうっトリス〜」と、曲中に洋酒の名前が散りばめられたあの鼻歌をやろうじゃないか!とひらめいた。そうと決まったら、ほとんど曲はつぎはぎで簡単にできてしまったものの自動車唱歌ならぬ洋酒唱歌じゃなんかカッコ悪いし、タイトルどうしようかね?ということになってしまった。そこでコレはイイ!とみんなが口を揃えたのはサントリーが以前、街角のトリスバーとかで発行していた「洋酒天国」という小冊子。中身は、洋酒のウンチク、世界の旅、お色気小説などなど、カッコイイ大人になるためには毎号必読!という雰囲気の味のある本であった。「マンボ天国」というCDアルバムで東京パノラママンボボーイズの時はデビューして、今度のパラダイス山元と東京ラテンムードデラックスでは「洋酒天国」かよ、とまわりから言われたところで怯むような私ではなかった。


●プレゼント告知

***「ザ・マン盆栽2」プレゼント***


--->写真拡大

マン盆栽創始者であり家元のパラダイス山元さんから日頃「世界マンボ紀行」を読んでくださっているマンボな読者のみなさんへ嬉しいお知らせです!

マン盆栽の魅力が、た〜っぷり詰まった巷でウワサの「ザ・マン盆栽2 」(パラダイス山元・著/芸文社)を な、なんと、家元の直筆サイン付きで抽選で5名様にプレゼント!!

欲しいっ!という方は-POSTERI-からご応募ください。

「世界マンボ紀行」へのご意見・ご感想も忘れずに! 締切は'02年1月10日。ご応募、お待ちしていま〜す。


 

 


<---Back   Next-->

 

 

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部