「東京恋愛事情 第一回」
 崩落するBODY、
 BOYの写真。

     --その1--

ゲハモドキという蛾がいる。まるでアゲハチョウそっくりの外観だけど、昼間は活動しないし、樹木や草に留まって休むときは羽根をひらく。当の本人もほかの誰かに似ているとは意識しないだろうけど、人間に“〜モドキ”といわれれば、ニセ者の汚名を着せられていることになる。そもそも、蝶と蛾はどこが違うのか。学術的なことわりを別にすると、それは活動の時間と、羽根をひらいて留まるか、閉じるかの差でしかない。
 ざらざらとした触感が好きか、つるんとした手ざわりが好きか。金属や陶磁器の表面の摩擦係数が高くても低くても、それはものの値打ちを表すバロメーターにはならない。ところが、たとえば女性の肌のテクチャーに関しては、誰もがつるりとした方に価値を求めてしまうのだろうね、やっぱり。

... To be continued.  

---------------------------
 Text :
K.Nakayama
 Photo : Fumiharu Okashita
 Hair Makeup : BOY


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部