「旅の風景・中欧紀行」
        --その3--
ハンガリー
機械じかけのロバの群れ

れらは皆、主張や個性を排除したデザインであり、そこには使い手への媚 びが感じられず、潔くもある。
 これに対して、街に増殖する西欧製品は主張に満ちている。言い方を変えれ ば押しが強い。そして壊れたロバの横を徐行する西欧車のドライバーたちが、 トンネル内にこもる排気ガスにまみれて奮闘する若者に投げかける視線は、お しなべて冷たい。
 それは旧体制の遺物、様式を否定したデザイン、あるいは強要された道具に 対する疎ましさの現れだろうか。
 支配者と体制が入れ替わるたびに、厳しい変化を受け入れてきたブダペスト のひとびと。この街の風景には、彼らハンガリー人たちの複雑な想いが見え隠 れしている。

<--Back  ... To be continued.

---------------------------
 Text :
K.Nakayama
 Photo :
K.Nakayama


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部