「勝見洋一の道楽三昧 第二回」
デジャ・ヴ、
都市の秘かな愉しみ。

    --その3--

かしその後、ずいぶんそれに類似することに遭遇した。
 たとえばパリ。パリにいくつもある国鉄の駅は、それぞれが始発駅であり終着駅だ。リヨンやプロヴァンス地方の都市に行くにはリヨン駅、ル・マンとかボルドー方面へはモンパルナス駅という具合だ。しかし東京や大阪のように環状線で連結されているわけではないから、駅から駅へはメトロやタクシーを利用しなければならない。

   

 考えてみれば、環状線という概念が世界でも珍しい。もし東京から山手線を取り去ってしまったなら、もう少し街の雰囲気がパリやロンドンに似るのだろうか。無理だろうな。 さて、サン・ラザール駅はパリの中心部に一番近い駅だ。数年前に開通したドーバー海峡のトンネルを経てロンドンに行く路線はここから出る。
 いつだったか、この駅近くで不思議を味わって愕然としたのだった。道の不思議だ。

<--Back   ... To be continued.

---------------------------
 Text :
Yoichi Katsumi
 Photo : k.nakayama


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部