下野康史のホビー人間養成講座 第8回
続々・自転車でGo!  -1-

 文/下野康史 写真/林敏一郎(フォレスト)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

 

は95年からイトイガワに出ている。「東京−糸魚川ファストラン」。毎年、初夏に行われる、ちょっとタフな自転車の耐久イベントである。
 京王線・高尾山口駅前をスタートし、甲州街道(国道20号)をひた走って、甲府、諏訪を抜け、塩尻からは19号で松本へ進み、その後は大糸線沿いに北上して、最後は日本海に面した新潟県の糸魚川へ出る。全行程約300km。そういう自転車レースがあるんだぜ、という話を、あるとき同業の自動車ライターにしたところ、あまり気のない相槌を打ち続けていた彼は、最後に「で、2泊3日くらい?」と言った。これだから、内燃機関でナマッたクルマ稼業は困る。朝出て、夜までに着くのである。


... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部