ブラックキャブは二度死ぬ −後編−
              -9-

文・写真/下野康史

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

Photo
--->拡大表示

旧型FX4の中古。LTIのディーラーにて。

動中にコンピューターを使う人のために、客席には家庭用電源もある。シティ(ロンドンの金融街)に勤めるお馴染みさんのひとりに、クルマのなかで仕事をしたいから、1時間、好きなところを走っててくれ、という注文を出すお客がいる、とは、早くもこのTX1で商売しているあるタクシー・ドライバーに聞いた話である。
 だが、ロンドンの中心部でもまだTX1の姿はごく少ない。フーパー・メトロキャブよりも少ない。ヒースロー空港に降り立って、たまたまTX1に当たったら、相当、運が強いと思って間違いない。
 けれども、これからロンドン・タクシーが徐々にTX1に変わっていくのも間違いない。TX1発売と同時に、FX4は生産中止になった。中古市場ではまだ人気があるとはいえ、2012年になると、古いFX4やメトロキャブでは営業ができなくなる。イギリスのタクシーに新しい衝突安全基準が適応されるためである。


        <--Back   ... Go to the next.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部