世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
当時の東京パノラママンボボーイズの3人

 

63.やっぱり、そういうことだったか!
 フジテレビの地下のリハーサル室には、我々マンボボーイズのほかに、なんとお笑いのふたり組が3組、計6人。ディレクターから明かされた言葉に唖然とする私達。「えーーーマンボさん達には、お笑いの新人達の紹介と進行をお願いします!」聴けば台本も無いとのこと。勝手にやってくださいとのこと。「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ、本日はようこそ皆様お越しくださいました!さぁ、週に一度の脱線タイム!激突!マンボ合戦のお時間がやってまいりました。今夜は私ども東京パノラママンボボーイズの豪華な演奏でお楽しみいただきましょう!おっと、その前にお笑いのふたり組が登場いたします。それでは後ほど私どもは再び登場いたします。それでは御紹介いたしましょう、女の子ふたりによる爆笑コント!王様とロバの耳のおふたりでーす。どうぞー!」なんてことをカメラに向かってやっている自分なのであった。終わってみたら、構成作家で泉麻人さんの事務所の米川さんという人が、我々を呼んだとのこと。スカパラのメジャーデビューのあとで、電話かけてきた人だー!そうか、どうりでシャベリに注目していたとか言っていたんだ。しかし、この番組出演を契機に、演奏ではなくてシャベリだけの仕事なんかが舞い込んでくるようになるとは思ってもみなかったのだった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部