世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
ヨーロッパ大陸でマンモスに乗るパラダイス山元

 

66.優雅なヨーロッパ新婚旅行
 さすがにマンボ披露宴の内容が濃すぎて、しかも最後は自分がフルバンドの前に立ち、コンガやティンバレスを叩きまくるといった演出で結局出ずっぱり。あまりの馬鹿叩き振りで、手から出血するハプニングも。そんなこんなで終わってみれば、もうくったくた。新婚初夜のホテルで、タキシードにももひき姿のままで翌朝までベッドカバーの上で大いびきで寝ていたのは、この私である。なんと奥様に証拠写真まで撮られてアルバムにしっかり貼られてしまっている。不覚!
 翌朝バツの悪いまま、成田空港へクルマで向かったふたりは一生に一回だけのことだからという呪文に振り回されるようにゴールデンウイークをはさんで2週間という、イマとなっては考えられないようなデラックスなヨーロッパ一周ツアー(添乗員、全食事つき!)に出かけたのであった。とにかく夢のような贅沢な旅は、現実から大きくかけ離れた絵巻物の中の出来事で、2週間後になってあの結婚式前の慌ただしく出た家に戻るまで、現実をまったく忘れていた。そして、浦島太郎が玉手箱を開けるがごとく、家の留守番電話の再生ボタンを押した途端、留守にしていた2週間の間にとんでもないことが起こっていたことが次々に判明するのであった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部