世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
アルバム「マンボ天国」録音風景

 

78.選曲→アレンジ→スグ録音!
 とにかくやるしかなかった。札束で顔をピンピン叩かれたらやるしかないでしょう。これまでのしょーもないレパートリーは、どうにもアルバムに入れられるようなシロモノではなかった。というよりレコード会社のディレクターは、我々の話を真に受けているようで、これまでレパートリーは百曲以上ありますなんていう我々のホラを鵜呑みにしてしまっていたからさぁ大変なことに。契約前の企画段階のおハナシで、よせばいいのに「デビューアルバムは、できれば豪華ラテン音楽30曲入りで¥3000ポッキリなーんていうのはどうですかねー。」などと、つい自分が口を滑らしていたことが仇になってしまった。予想どおりレコード会社の新譜リリースの計画表には、自分の思っていた理想のアルバムの内容が書き込まれていた。すでに宣伝コピーまで、自分が喋ったとおりの内容になっている。「平成に甦る昭和マンボ野郎!東京パノラママンボボーイズが名うてのミュージシャンと共にお送りする夢のダンスアルバム、マンボにチャチャチャでゴーゴーゴー!踊り踊る踊れの全25曲!」あーどうしたらよいのだ。こうなったら、これまでお世話になったアレンジャーやら、ミュージシャン総動員でやるしかないと思ったら、ボーッとなんかしていられなかったのだった。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部