世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
5.29 松本PARCO 全館マンボだ!
ライブDJとチェキ!

 

80.日本一のビッグバンド誕生!
 デビューアルバムにして、まったくオリジナルを含まない全30曲オールカバーという仕切りは、誰もが聴いたことがない、前例がないということで、レコード会社の間ではスグに話題が広がった。そして録音も、マンボ全盛のペレス・プラードの黄金期のスタイルを忠実に再現。今ではほとんどやらなくなった大スタジオでヒナ段を組んだ、ビッグバンドの一発録音でやらせてくれとダダをこねた。誰か一人でも間違ったら、即全部録り直しという状況にミュージシャンの緊張は極限にまで達していた。とはいってもミュージシャンの顔ぶれもそうそうたるもので、日本の一流のビッグバンドのリードばかりを集めたホーンセクション、これ以上は集められないという鉄壁のリズムセクションに、インチキなラテンパーカッションが2人という、あまりにも豪華すぎるメンバーだった。それを見越してアレンジャーのK氏は、無謀すぎる超絶技巧の譜面を書きまくり、後になって東京パノラママンボボーイズの演奏は、速いのと難解すぎるということで、コピー出来なくて困っているというお叱りの手紙をさんざん受け取った。学生や社会人ブラスバンドなどで、いまだに東京パノラママンボボーイズの演奏をコピーしようとして、もがき苦しんでいる様を見るのは痛快だ。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部