「試験に必ず出る旅のFAQ」
           -9-

文・写真/河野朝子 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示
安全は安くはなかった。

Q5
 
イギリスって不味いんですか?

A5
本当にあった恐い話:××博物館の呪い
 ××博物館は英国でも一番、イヤ、世界でも一二を争う有名ミュージアムである(って言ったらもうバレバレじゃん)。
 夏だというのに肌寒いその日、と言うか、夏だろうがなんだろうが寒けりゃ寒いで「ワーイ!これぞイギリスだ!」と喜べない人は上陸してはいけないのがイギリスってところなのだが、とにかく、私は××博物館を目指していた。
 ××博物館はでっかい。そして、太っ腹なことに、××博物館は基本的にタダである。しかし入口に「少なくとも2ポンド(だと思った)は寄付してください、でないと博物館が存続できませんのでそのうち入場料を徴収するハメになりまっせ」てなカンジのことが書いてあるプラスチックのお賽銭箱(?)が設置してある。
 もしかして次に来たときに入場料を取られたら、あのとき私が寄付しなかったせいで入場料を取ることになってしまったんではないか?なんて考えてしまうに違いないが、その入場料が結局2ポンドになるんだったら、素直に今から2ポンドの入場料を取った方がよくねぇか?などと悪態をつきつつ分厚くて重たい1ポンドコインをいくつか投げ入れる。
 ロンドンは高い。地下鉄初乗り1ポンド強。だいたい300円の勘定である。

この項つづく……


         <--Back   ...To be continued.   

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部