「試験に必ず出る旅のFAQ」
           -20-

文・写真/河野朝子 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



--->拡大表示
らくらくソーイング!

 


--->拡大表示
裁縫嫌いはこれを切り取ってイランに
行きましょう。
Isramic letters by Mr. Missaghi

 とまどっていると若いお嬢さんが2、3人でやってきて、私のスカーフの上から「こうやるんですよ」と被せてくれた。なるほどぉ!これは便利!これください!となる。と、彼女たちが英語で「青と黒のどっちがいいかと彼(お店の人)が言っている」と教えてくれる。「どっちがいいと思う?」と訊ねると彼女たちは口を揃えて「黒!」と答えた。
 さて、ホテルに帰ってさっそく着用してみる(こういうもんの着脱をそのへんでやってはいけません)。おぉ!これでにわかイラン人の出来上がりだ!しかもすごくラク。というワケで、イランに行くすべての女子にこれをあらかじめ作成してって成田でぱっと被ってしまうことをお勧めしたい。

 これを着けて街を歩いていると「え?」というカンジで振り返られることが増えた。イラン人じゃなさそうな女がまさにイランな物を被って歩いているのがチト珍しいらしい。

 で、これは一体何という名称か。ネットで知り合ったイラン人に尋ねてみたところこれはMaghna'e(マグナエ)と言うものであるということが判明した。やはり革命後に発明された物体らしい。裁縫が不得手な女子は現地に着いたらすぐに「マグナエが欲しい!」とガイドさんにでも頼んでみるといいだろう。


         <--Back   ...To be continued.   

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部