MIKAの部屋2
        Vol.3

  蜷川実花×中山慶太

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

Photo
--->拡大表示
photo:Ninagawa Mika(C)

 

 

 

 

 

§写真家になろう(2)§

−−−今週は学校選びの話でしたね。おすすめの写真学校は、という読者の質問で。

●MIKA:すいませえん、その前にちょっと写真展のお知らせをしていいですか。

−−−あれ? 先週から『French Kiss』の告知は出てますけど。

●MIKA:それと並行して、もうひとつやるんです。今月の下旬に出るもう一冊の写真集『BABY BLUE SKY』からの展示で、タイトルは『女神の島のクリスマス』 。11月27日から12月26日まで、場所はおんなじ原宿の『ナディッフ』(tel. 03-3403-8814)です。

−−−ご近所で同時にふたつも写真展やって、どうするんすか。大相撲だって本場所の間は地方巡業に出るのに(意味不明)。

●MIKA:中身はぜんぜん違う展示にするんですけど、ちょっと連動したイベントなんかも組んでるの(と、カバンから案内のハガキを出す)。

−−−なになに、『ギャラリー・イベント』? 「12月4日の土曜日は、午後3時からギャラリーツアー。蜷川実花のふたつの展示をめぐる旅。案内役は蜷川実花」って、写真展のハシゴですかあ。例によって無茶な企画ですね。

●MIKA:えへへ。実はね、このふたつの会場ってご近所なのよ。だから、ちょっとみんなと散歩できたら面白いかなと思って。

−−−あと、12月11日と18日の土曜日、おなじく午後3時からナディッフでトークがあると。

●MIKA:うん。11日は写真集の編集をやってくださったメタローグの今裕子さん、18日は作家の赤坂真理さんがお相手です。みなさんぜひ来てください。私もたまには真面目な話をしますので(笑)。

−−−その最後の(笑)はあれですか、このコーナーとの比較で。

●MIKA:いえ、そんなことないですけど。

−−−読者のみなさん、そういうわけですから、今月と来月は原宿の『ナディッフ』と『ロケット』、ふたつの会場で実花さんに会えるそうです。

●MIKA:場所はどっちも、表参道と青山通りの交差点のそばです。中山さんは来てくれないんですか?

−−−ちょうどその時期はイタリアに出張です。後半は顔を出せると思いますけど。ナディッフでトークを聞いた方は『MIKAの部屋』とどっちが面白かったかメールをください。

●MIKA:どっちがIQ高かったか、でもいいですよ。

−−−……。それじゃあ、読者の質問の続きです。写真学校はどこがおすすめか、という質問でしたね。

●MIKA:そうだなあ、学校はどこに行ってもおなじだと思いますけど。

−−−いきなり問題発言です。この続きは、また来週。


       <---Back   ... To be continued.  

 

Photo
--->拡大表示

写真詩集『French kiss』幻冬社文庫
蜷川実花(写真)×桜井亜美(詩)
発売記念展

1999.12.03[FRI]-12.08[WED] 12:00-20:00

会場:ロケットアートラボラトリー
    (表参道・同潤会青山アパート1F)
(TEL.03-3470-6604)


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部