「週休六日のススメ」
       -21-

 イラスト・写真・文/福山庸治

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


--->拡大表示

ソコンいじりは、ドミノ移植そのものである。

 壊れて動かなかった自作AT互換機は、バイオス設定をやりなおし、Windows98を再インストールしたら、すんなりと直った。
 が、数時間後、また壊れた。今度は、ウンともスンとも言わない。そこからが長い道のりで、再度デバイスを読みに行くようにするまでに、なんと丸三日間も費やしてしまった。週休六日を誇る僕ではあるが、さすがに「廃人」をやるのに三日も棒に振ったとなると、顔も青ざめてくる。
 結果、ATA用のフラットケーブルを新しいものと交換したら、また動き出したのだが、なんという不安定さ!

 その原因は、パーツのいくつかが、ドミノ移植を受けたものだからなのかもしれない。つまり、弟くんが最新のパーツを自作機に組み込んだ際に、余ってしまう臓器やら血管やらが、下位マシンへ移植されるわけである。少々使い込んだ臓器ゆえ、完調とはいかない場合も出てくるのだ。その証拠に、肝臓は……いや、内蔵HDは、直しようのない不良セクタを抱えている。ケーブルも動脈硬化を起こしていた。その病んだ臓器を騙し騙し使いながら、次の新しいドナーが現れるのを待つ…………のも面倒だから、最近は、いっそ最初から全部新しいパーツで作ってしまおうという気になっている。というのも、もう一機、やはりウンともスンとも言わなくなっている、「廃人」御用達マシンが控えているからだ。こちらは、つれあいの親父どの所有の自作機で、一旦は稼働したからケースにしまってねじ止めしたら、なぜかピタリと動かなくなった。


       <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部