世界マンボ紀行

文・写真提供/パラダイス山元

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 


 --->拡大表示
今年もサンタ犬が大活躍?!

 

103.ジョニーパチェーコと夢の競演
 90年に入って、ちょっとしたラテン系音楽のブームが起こったのは記憶にあるだろうか。東京のクラブシーンでは「東京パノラママンボボーイズ」が、本場中南米では「オルケスタデラルス」の活躍など、頻繁にラテン音楽がラジオからも聴こえてくるようになってきた。そんななかティンバレスの王様「ティトプエンテ」や、ハイチの「タブーコンボ」、サルサの「オスカルデレオーン」など、これまで日本には無縁だったラテン界の大物が次々と来日するようになった。そんななか日比谷野外音楽堂を舞台にはじまった「カリビアンカーニバル」の2回目のゲストに「東京パノラママンボボーイズ」の名があがったときは、正直自分が一番驚いた。海外からのゲストは、サルサの巨匠「ジョニーパチェーコ」、カリプソやソカで世界的に大ヒットしたディビッドラダー、メレンゲ界のセクシーダイナマイト「ラスチカスデルカン」など、そうそうたる顔ぶれだったのだ。こんな我々のようなインチキな連中が、こんな大舞台に登場していいのだろうか?耳の肥えた客から、モノが飛んでこないのか、眠れぬ夜が・・・・。


      <---Back   ... To be continued.  

 


Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部