からくり時計 マカロニアンモナイト
ギャラリー
表紙 > Gallery目次 > からくり時計目次 > 江戸の和時計

●江戸の和時計●
説 明

DESCRIPTION

左側にはお馴染み定時法で動く西洋式の時刻表示。右側には江戸の和時計の時刻表示を行います。和時計の針は、季節によって昼と夜で進行スピードが変化し、不定時法の時刻表示となります。(表示されるのは現在時刻)
不定時法と江戸時代の「時間」の名称について詳しくは、2002年11月掲載の特集「和時計の暮らし」をご覧ください。

The clock shown left is the modern (conventional) western clock and shown right is the ancient Japanese clock in Edo era (back in 17 to 19 century), which is based upon the lunar calendar. The moving speed of the hand of the right clock is different in day and night, and is varied by the seasons. In every seasons, the hand points right at sunrise, left at sunset.

NOTES Both of these clocks show the correct time on the PC set its time to your local time basically. Besides, the right clock shows the correct time of Tokyo when your PC is set its time to Japan Standard Time (GMT+09:00), because it is based upon the time of the dawn and the sunset of each seasons in Tokyo.
The right clock may show the correct time of your time zone, if you are living in the nearly same latitude as of Tokyo and your PC is set its time to your local time.
時報機能

TIME SIGNAL

子の刻・丑の刻など、各刻の「正刻」には、時報として小型の鐘の音が刻の数だけ鳴ります。たとえば子の正刻なら9回。寅の正刻なら7回。

A small bell is rung for the numbers of the time (4 to 9 times). The times of bell is based upon the ancient time system.

除夜の鐘機能

TIME SIGNAL FOR NEW-YEAR'S EVE

毎年12月31日の深夜(洋時計の23時39分過ぎ)には、「除夜の鐘」として梵鐘が108回鳴ります。

A long-note bell is tolled for 108 times at the night (around 23:39) of 31st of December.

その他の機能

MISC FEATURES

スピーカー印のボタンを押すと、時報及び除夜の鐘が鳴らなくなります。もう一度押すと次の時点から鳴るようになります。
「?」印のボタンを押すと、時計の動作についての詳しい説明を読むことができます。

'Speaker' button turns on/off the bell sound. '?' button shows the detailed descriptions of the clock (in Japanese only).

時計制作者

AUTHOR

Rey.Hori (http://www.yk.rim.or.jp/~reyhori/)
展示日 2003.01

除夜の鐘機能をさらに調整したものをUPしました。除夜の鐘の音の設定スタート時刻(23時39分)を過ぎた後になって、この時計を開いた場合にも、しばらくの間は除夜の鐘が鳴り始めるように、設定を調整しました。(2003年12月1日、マカロニ・アンモナイト編集部)
DOWNLOAD
この時計は個人的にお使いになる以外、ホームページなどへの再アップロード、その他の再配布や商用利用はお断わりいたします。

Webmaster:ammo@tokyo.fujifilm.co.jp  Copyright:マカロニ・アンモナイト編集部